【2020年最新版】goolgeサーチコンソール登録法方法とできること、使い方

目次


サーチコンソールとは、無料でGoogle 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視・管理できるサービスのこと

Google Search Console(以下、サーチコンソール) は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。サーチコンソールに登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、サーチコンソールに登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。
引用: Search Console の概要|Search Consoleヘルプ

※「サーチコンソール」は、以前は「ウェブマスターツール」と呼ばれていました。名称は変わりましたが、基本的な機能に変わりありません。

具体的には、下記の情報を確認できます。

  • ページのクリック数
  • クリック率や掲載順位
  • クエリ(ユーザーが検索時に入力する単語)など

サーチコンソールで上記のデータを見れば、対象サイトがGoogleにどのように認識されているかが把握でき、SEO対策やサイト改善へつなげられます。Webサイトをお持ちの方は、まずは「サーチコンソールへの登録」をおすすめします。

また、サーチコンソールやGoogleアナリティクスと連携することで、サイトの改善案を自動で提案してくれるツールもあります。

「売上をアップするためにサイトを改善していきたい」と考えている方は、参考にしてみてください。

サーチコンソールを登録する6つのステップ

サーチコンソールの登録するためには、Googleアカウントが必要です。AdWordsやGoogleアナリティクスのアカウントがすでにある方は同じアカウントを使います。

1.サーチコンソールにアクセスし、準備したGoogleアカウントでログインします。

Google Search Console


Google Search Console

2.画面左上の「プロパティを検索」内の「プロパティを追加」をクリックします。

3.サイトのURLを「URLプレフィックス」へ入力し「追加」をクリックします。

今回は、「URLプレフィックス」を選択した場合の登録方法を説明します。「https://~~~」「https://www.~~~」とは、異なるサーバーを経由するため、これまで同様URLごとに設定が必要です。

一方、「ドメイン」では、「www」のあり・なしや「http://」「https://」の違いに関わらず、一括での登録・集計が可能となります。これまで、複数のURLでそれぞれ集計していたのであれば、「ドメイン」を選択するのがおすすめです。

4.「別の方法」を選択し、HTMLタグにチェックを入れます。

5.コードをコピーしてサイト内のheadタグに埋め込みます。

6.アップロードが完了したら「確認」をクリックします。

「所有権が認証されました」と表示されれば登録は完了です。

サーチコンソールで絶対に押さえたい5つの機能

サーチコンソールを使えば、Webサイトを運営する上で重要なデータが見られます。ここでは、Web初心者をはじめとしたWebサイト管理者に向けて、サーチコンソールを利用するうえで、絶対におさえておいてほしい機能を、以下の5つに絞って詳しく紹介します。

1.自分のWebページが検索結果画面に表示されたキーワードがわかる「検索パフォーマンス」

検索パフォーマンス(旧・検索クエリ)のデータでは、ページが表示されたときにユーザーが検索しているキーワードがわかります。どんなキーワードで検索されているのか分析すれば、どういうキーワードでページを作っていくべきか?などを知ることができます。

また、新しいサーチコンソールでは、16ヶ月もデータをさかのぼることが可能です。

2.クロールで取得できなかったページをエラー表示する「カバレッジ」

クロールとは、「検索エンジンがWeb上のファイルを集めるプログラム」(クローラー)がサイトを巡回し、各サイトの情報を収集することです。

そのため、クロールエラーのデータを確認し、エラーがあるページをクローラーがデータを取得できるように対応することで、ページが検索されるように改善できます。

参考: 中小企業にSEOは必要か?プロが語る集客方法とリスクヘッジ

3.インデックスの依頼や、指定したURLの検索状況を把握できる「URL検査ツール」

新機能の1つである「URL検査ツール」は、文字通りURLに関する、さまざまな検査をおこなえる機能です。(旧バージョンのFetch as Googleにあたる機能も有しています。)

特に便利なのは、Googleに対してインデックスの依頼ができる機能です。

インデックスとは、クローラーが取得した情報を検索エンジンのデータベースに格納することです。クローラーがまわり、情報がインデックスされてから検索画面にページが表示されるようになります。

通常新しく追加したページなどはインデックスされるのに時間がかかるので、インデックスの登録はSEO対策にもおすすめです。

また、「公開URLをテスト」というボタンを押せば、インデックスに登録したURLではなく、現在のページでテストをおこなうことも可能です。

4.ペナルティを確認できる「手動による対策」

ペナルティとは、Googleが設定している「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に違反した場合(不自然なリンクなど)、検索ページに上位表示されなくなることです。サーチコンソールの「手動による対策」ではペナルティに該当するページと内容を把握することができます。

もしも、サイトのページが急に表示されなくなったり、掲載順位が落ちたりした場合はペナルティを受けていることも考えられるので、確認してみてください。

また、新しいサーチコンソールでは、ペナルティに対する審査のリクエストや、「手動による対策」をおこなった履歴も表示されるため、サイト改善の見直しにも役立ちます。

5.Webサイトの構造を把握する「サイトマップ」

新しいサーチコンソールでは、サイトマップのデザインが改良されました。

サイトマップとは、Webサイトの構成を示すものです。このサイトマップを定期的に送信しておくことで、新しく追加したページなどの存在をGoogleがすぐに認識できるようになります。

「サイトのページ数が多い・複雑・新しく制作したばかり」という場合には、送信しましょう。そうすることでページがインデックスされやすくなります。


中級者向け:サーチコンソールでできる3つのこと

ここからは、新しいサーチコンソールでできることを解説します。より詳しい機能を知りたい方は、ぜひ確認してみてください。

1.リンク数の多いリンク元や多くリンクされているページがわかる

新しいサーチコンソールの「リンク」では、ブログ内部のリンクと外部リンクを組み合わせて、リンクの数や順位を確認できます。

ページの内部リンクの数は、ページの重要度をはかる要素になります。サーチコンソールの「リンク」では、重要なページにどれほどのリンク数があるか確認できます。

外部リンクとは、Google がユーザーの役に立つと判断したときのみ、検索結果に表示されるページリンクのことを指します。そのほか、他のサイトなどに貼られているリンクも含みます。

2.モバイルからのユーザビリティを確認できる

モバイルからのユーザビリティに問題がある場合に、エラーが表示されます。また、新しいサーチコンソールでは、エラー修正後にインデックスへの登録リクエストが可能になりました。

3.インデックスされているページ数やブロックされたデータ、クロールの状況を確認できる

サイト内のインデックス状況を確認することができます。エラーや除外となっているページを確認し、それぞれに対応しましょう。

見方:インデックス→カバレッジ レポート

以上が、新しいサーチコンソールでできることの一覧です。
新しいサーチコンソールでできることについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です