yotube動画を海外に発信する方法

youtuberは日本に増えすぎた

最近日本人のyoutuberが増えすぎたせいか同じ動画が、youtube内に沢山あります。youtubeでも危険な動画削除に乗り出していますが、動画アップロードしている若者が多くいますが、わたしの知り合いのyoutuberでも一向にアクセスが上がらずに悩んでいる方が沢山います。

おもいきって動画を海外に出してみる

これは自分の成功体験ですが、現在youtubeチャンネルに登録者14万人います。その中の海外の視聴者が3分の1、他は日本人です。最初はひたすら動画をアップし続けましたが、youtubeアナリティクスにある機能がある事を発見します。それは、アナルティクス機能のなかにある翻訳機能です。私のチャンネルはまずそれで、動画のタイトルを20カ国ぐらいにしぼって翻訳を開始したのです。

動画の文字起こし機能を使う

youtubeアナリティクスの中に文字起こし機能が付いていますので、タイトルを翻訳してみてください。最初は英語のみでも構いませんが徐々に慣れたら英語の他にも中国語や台湾、ポルトガル語など様々な言語に翻訳することをおすすめします。翻訳の際に使うのは、その辺にある無料の翻訳ソフトで構いません。

本来であれば、ネイティブな言語で翻訳するのが、一番ですがそんな予算がかかってしまいますので、数を打ってみてください。

海外のyoutube検索に表示されるようになる

私のyoutubeチャンネルは音楽系のチャンネルでしたが、1年ほどタイトル翻訳を行ってアップロードをおこなっているうちに、海外のyoutubeチャンネルにも上位表示されるようになってきました。そして、チャンネル登録者数は爆発的に増えていったのです。

アクセスの爆発はきっかけを掴むといきなり訪れます。異次元の世界に飛び込むには、一つのアイディアですべて変わってくると言っても過言ではありません。

まずはコンテンツを一つ一つ積み重ねて行くことが大事ですので、継続しながら分析を続けていくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です