3ストライク制度を改定2019年2月YOUTUBEが規約変更最新版 

今回の記事では2月19日にyoutubeが発表(2月25日より適用)した。3ストライク製の改定について解説していきます。

youtubeの公表したデータでは、98%のユーザーが、規約違反がないと発表しており、今までの3ストライク制度では、違反もしていないのにいきなりペナルティーを受けて、自分の動画が削除され、不満を抱えていたユーザーが増えていたようですが、

変更後の3ストライク制度では、

1回目は警告を受けることになり、ペナルティを受けことはなくなりました。

ただし二回目以降にガイドライン違反をした場合、

ペナルティーが適用されます。

コミュニティー違反をすると、上の図の著作権侵害ステータスのように、四角の赤色が前に進む仕組みになています」。

具体的なペナルティー内容は

1回目のペナルティー(1ストライク)コンテンツの投稿が1週間停止
2回目のペナルティー(2ストライク)コンテンツ投稿が2週間禁止
3回目のペナルティー(3ストライク)チャンネル削除

このようなペナルティーの内容になっています。利用規約が、どんどん厳しくなっているYOUTUBEですが、

前回の3ストライク制度よりも警告が生まれた分、ユーザーの不満も以前よりは、解消されるのではないでしょうか。

ただし、悪質な、投稿はアカウントが一発で、削除になる可能性もありますので、慎重に動画投稿することをおすすめいたします。

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です