PDCAサイクルを回す癖をつける 結果を出す為のビジネスコラム第一回

PDCAサイクルは仕事の基礎中の基礎

P=plan(計画)・D=Do(実行)・C=Check(評価)・A=Action(改善)

仕事や自分が活動を行う上でうまく結果が出ていなと感じたら、一度PDCAサイクルがうまく回っているか冷静になって考えていただきたいです。

感覚的にビジネスをしていると、ついついPDCAサイクルのうちどれかが、実行できずビジネスが衰退してしまいます。

ビジネスを長く続け、成長させるために妥協せず毎日のビジネス活動の中で、必ず取り入れるべきです。

思いつきでなんとなく行動してしまってはいないでしょうか?

日々の行動を振り返ってみると、PDCAサイクルは一見当たり前に行われていることのように思えますが、私たちは、失敗をした原因を追求していなかったり、計画が曖昧だったり、よくできた点や、長所や改善策を、見過ごしなんとなく毎日を曖昧に生きている傾向にあります。

うまく行かない時はとことんうまく行かず、うまく行くことはととん表紙で物事がうまく行く場合が多々ありますが、それは運的要素でかたづけていいのでしょうか?

PDC Aサイクルを細かく追求することで、同じ失敗を繰り返す確率が減りますし、次の行動をスムーズに進めることができます。

見逃しがちだった事を冷静に見つめることができ、少しずつ結果に表れてきます。

PDCAサイクルをいかに回すかで結果が変わってくると言っても過言ではありません。

P=plan(計画)

ビジネスの行動計画を立てる段階です。

情報収集を行い業務計画書を作成し、売り上げ目標設定、行動プランを決め、成果がどれくらいになるかを細かくプランニングする段階です。

目標はどれだけ大きくても構いません。

D=DO(行動)

計画を実行していく段階です。練習や、試運転の状態です。

よく、計画倒れという言葉がありますが、大きな目標を立てても、実行しなければ、意味がなく人によって、時間は限られてきますので、その目標に近づくために、実行する段階がDoです。

今の自分に無理の無い、プランニングを行い、かつ、立てた計画の何ができて、何ができなかったかを記録しておく必要があります。

C=CHECK(確認)

計画に沿って行ったきたことが、成果が出そうかどうか確認することを指します、

プランを立てた目標と現実を照らし合わせ、それができているようであれば次のAcsionの段階に進みます。

A=Action(実行と改善)

ビジネスにおいては、顧客に商品を出して、結果と反応を感じとる段階です。

次にさらに、成果をよりよくするために良いものは継続し、悪いものをはっきりと見極める段階です。

できていなければ、すぐに改善案を出します。

ビジネスだけではなく日常でもPDCAサイクルを生かす

あなたが、あるスポーツに取り組むとすれば、P(計画)は例えばスポーツの個人競技の世界でいくと、目標を決める段階、どのような成績を残したいか、そのためには、どのような練習プランや、環境が必要かを決める段階。

D(行動、実行)は実際に立てた、プランで練習を行う、練習試合を行う段階、現状をテストする段階です。

C(確認)は本当に成果が出ているかチェックする段階になります。

A(実行)で試合に挑みます。そして反省をします。

できなかったことをまとめ、また、行動プランを決め、

練習をし、テストを行い試合に挑みます。

PDCAサイクルは無限に続く

あなたが、長い間ビジネスを継続するのであれば、

PDCAサイクルを回す癖を作りましょう、普段無意識のうちに、私たちもそれに似たことは行っているのですが、成果を出すためには、そのサイクルを正確にし、規則正しく行った方が、成果が、圧倒的に出やすいのです。

新しいことにチャレンジする時や、ビジネスの業績を伸ばす際、PDCAサイクルが実行できていれば、無限に成長することができます。

ぜひ、PDCAサイクルをどんどん回して、

あなたの望む目標や成果に近づけましょう。

まとめ

結局、人間は、無意識に行動しがちで、目の前の欲望や衝動から逃げることはできないのでが、『結果』を出すためには、しっかりと自分の行動を管理する必要があります。

PDCAサイクルは、自己管理を行うためにもぜひ身につけておかなくてはいけない必須知識ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です