【重要】2019年最新版youtube 自動生成されたコンテンツから、繰り返しの多いコンテンツに利用規約を変更

最新!1月25日更新youtube規約変更

youtubeの審査がどんどん厳しくなっている中、

youtubeで1月25日より新たに規約変更が行われました。

今回の規約変更で行われたのは、自動生成されたコンテンツから、

繰り返しの多いコンテンツへと変更されました。

自動生成という表現が、ユーザーからしたら、ピンと来ないということで、

表現に変更が加えられたのでしょうか?

さらに今回、アドセンスのコンテンツの品質に関するガイドラインで、

ポリーシーに関した情報や例が詳しく明確化されたということで表示されています。

明確にされた部分はこちら!

 教育価値のないもの、意味があまりないものは排除するということでしょうか?youtubeではどうやらそのようで、何にもならないものを排除する動き、それもとても厳しい、基準になっているようです。

音楽などで芸術家活動を続ける人にとっては、意味のあるものを作り続けるというのは、困難な気もしますが、ジャンルによってその基準というものを、もう少し分けて欲しいものです。

上記に表示されていますが、やはり、審査に受からないコンテンツの特徴として、

 特に第三者のコンテンツを合成音声が読み上げたもの、または、意味をなさないコンテンツというのは、スクロール動画などがその例の一つに挙げられます。

第三者の、コンテンツの寄せ集めも非常に厳しくなっている気がします。

パクリ動画はもちろん審査を通過するのは厳しくなったのですが、

先に作られた同じような動画も審査に通らなくなったようで、オリジナルだが、かぶってしまっている動画も注意が必要です。

審査に通っている人の特徴とは?

今現在審査に通っている人の特徴としては、

顔出しをしている人、自分肉声使用してナレーションのある動画、しっかりと意味のあるチャンネルを作っている人が、特徴的です。特に今後は動画のクオリティがー求められる時代に突入していきますので、とにかくパクリチャンネルなどは、作って行って稼げてきても、いつかは、通報などされて、売り上げが0になるなど、最悪な事態になりますので、特に注意が必要です。

まとめ

・youtubeの規約が、自動生成されたコンテンツから繰り返しの多いコンテンツに利用規約を変更になった

・ある程度の、審査基準が明確になった

・審査は、顔出しや、自分の肉声を使ってチャンネルを作っている人が審査通過しやすい

また動きがあれば、更新していきます。

今回はこの辺で、質問などがあればいつでもお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です